葬祭プランナーのホッと一息

2022/02/25

死顔は穏やかに、安らかに、笑顔で。

最近、事前相談にいらした方から、こんな質問を受けました。

よく死化粧というのを聞きますが、どの程度のものなのか知りたい。真っ白く顔を塗って、赤い口紅を付けてというのを想像しているのですが。

最期はきれいな顔で見送ってあげたいとの事。

ワイズワークスでは、ファイナルメイクと呼んでいます。ラストメイクとか、エンゼルケアとかさまざまな言い方があると思います。

ファイナルメイクをやったご家族は、大変喜ばれます。生前の顔写真を見ながら、普段通りのメイクをします。大体は納棺の時に行いますが、それは人それぞれです。

もし納棺の時にファイナルメイクをして、葬儀まで時間が空いてしまう場合は、途中、もしくは葬儀前にもう一度状態を見て手直しを行います。

時間がたつとともに頬が落ちて、顔が変わってくるのですが、それも見栄え良くできます。本当に寝ているかのような、安らかで、穏やかな顔になります。

ご本人も喜んでおられるのか、笑顔にも見えてくるというご家族もいらっしゃいました。

 

ご興味のある方は、事前相談にいらしたときに、聞いてみてください。写真でお見せできないのが残念ですが、皆さんに喜んでもらえると思っています。

 

事前相談について詳しく見る

相談をしたからといって、必ずしもご依頼いただく必要はございません。

見送る気持ちを何よりも大切にしています。どんな事でもご相談下さい。

少しでも、心のよりどころになれればと思っています。


<対応地域> 国立・立川・国分寺・昭島その他地域は応相談  相談無料 0120-418-731 365日・24時間対応