後悔しない葬儀の為に

事前相談について

事前相談

 

後悔しない葬儀のために、事前相談はとても大切な事です。

特に費用面では事前に相談しておいた場合と、亡くなってからバタバタと決めた場合とでは大きな差が出ることがあります。

日本では病院死が80%以上です。亡くなった時に依頼する葬儀社が決まっていなければ、ほぼ病院から紹介された葬儀社で葬儀をあげることになります。

そして、翌日には病院を出され、2~3日の間で葬儀の内容を決めなければなりません。

・誰を呼ぶか

・式場はどうするか

・料理は?

・仏式?無宗教?

・祭壇はどうするか

などなど、決めなくてはならない事が山のようにあります。

これらを亡くなった後に決めていくのはとても困難な事です。無駄な出費を抑える為には冷静な判断が出来る状態で葬儀内容を決めておく方が良いでしょう。

<無駄な出費例>

●家族や親戚しか参列しない家族葬で、会場の大看板。
●式場と火葬場が同じ敷地内にあって、ストレッチャーで移動できるのに、霊柩車。
●来るか来ないか分からないからと多めに頼んだ料理等。

 

そして、事前相談にはもう一つ大切な役割があります。それは、葬儀社を見極めるという事です。自分のやりたい内容が、予算内で出来るのか?信頼出来そうな人か?

だから、ワイズワークスでは事前相談を対面で行っています。まずはお電話下さい。悩んでいる事、分からない事、困っている事など、あなたの話を聞かせて下さい。

0120-418-731

 

<相談例>
————————————————————————————-

・事前相談内容

「家族葬が希望だけど、主人は多趣味で友人も多いから、一般葬の方がいいですか?」

ご主人が余命3ヶ月と宣告さて、本人と葬儀の話をしているが、うまくまとまらない。家族葬だと後から友人達への対応が大変。一般葬だと費用が心配。

この時は、基本的にかかる費用と、飲食にかかる費用を説明しました。そして、時間をたっぷりととったお別れ会(友人参加の家族葬)を提案させていただきました。

参列人数が決まった事で、式場、料理の費用も明確に。見積りはほぼ完璧に出せました。

・葬儀の感想

前半は家族だけ。後半は友人を迎えての時間をたっぷりとったお別れ会でした。

後半は友人代表の献杯から始まり、故人が大好きだったビールを飲みながら、思い出話に花が咲きました。家族も知らなかった暴露話が飛び出したりして、とても温かく賑やかなお別れ会になりました。

出棺には故人が所属していた吹奏楽団によって、星影のワルツが演奏され、涙を誘いました。

奥様からも、主人が望んでいたお別れが出来たと、とてもご満足いただきました。

相談をしたからといって、必ずしもご依頼いただく必要はございません。

見送る気持ちを何よりも大切にしています。どんな事でもご相談下さい。

少しでも、心のよりどころになれればと思っています。


<対応地域> 国立・立川・国分寺・昭島その他地域は応相談  相談無料 0120-418-731 365日・24時間対応