花家族葬

家族葬の長所と短所

最近人気の家族葬ですが、いい面もあれば、悪い面もあります。生前の生き方、他人との付き合い方で家族葬がいいのか、一般葬がいいのかを見極める必要があります。

ちょっと特殊ですが、以前こんな相談を受けた事があります。
「家族葬が希望だけど、主人は友人が多かったから一般葬の方が良いですか?」

前半は家族だけ。後半は友人を迎えての時間をたっぷりとったお別れ会を提案いたしました。

後半は友人代表の献杯から始まり、故人が大好きだったビールを飲みながら、思い出話に花が咲きました。家族も知らなかった暴露話が飛び出したりして、とても 温かく賑やかなお別れ会になりました。出棺には故人が所属していた吹奏楽団によって、星影のワルツが演奏され、涙を誘いました。

「家族葬は家族しか参列できないと思った。主人の望み通りの葬儀が出来た。」と、とてもご満足いただきました。

「どうしたらいいか、よく分からない」という方は遠慮なくご相談ください。あなたにとって一番いいお別れのカタチを一緒に見つけましょう。

<家族葬の長所>

・故人とゆっくり向かい合う時間がもてる。

・余分な費用がかからない。

・葬儀の流れを自由に組み立てられる。

<家族葬の短所>

・家族以外の人達と最後のお別れが出来ない。

・故人の交友関係が広い場合、葬儀後に弔問客が多数訪れる事がある。

相談をしたからといって、必ずしもご依頼いただく必要はございません。

見送る気持ちを何よりも大切にしています。どんな事でもご相談下さい。

少しでも、心のよりどころになれればと思っています。


<対応地域> 国立・立川・国分寺・昭島その他地域は応相談  相談無料 0120-418-731 365日・24時間対応